スポーツカー好き・スーパーカー好きの社労士ブログ

若かりし頃、フォーミュラカードライバーのオーディションを受けに行った事もあるほど車好き。大分県の日出町で開業している社会保険労務士が、主に車について独断と偏見と経験に基づいて、それからたまに業務について綴っています。

田舎ならではの音

大分県の日出町で社会保険労務士事務所を開業しております、森本と申します。

事務所の近くで、

ここ数日にわたって

何だかものすごい量の木を切っている人がいます。


あっ、うるさいとか迷惑とか

そんな事ではないですよ。




何に使うんだろうって

純粋に不思議に思っているんです。


チェーンソーで木を輪切りにしていますから

薪ストーブの燃料なのかな?

それとも木工細工でもするのかな?

大分特産のシイタケの原木にしては

ちょっと大きさが違うような感じかな?

時間があったら聞いてみたいなぁ。

なんて思っている訳です。


田舎ならではの風景ですね。

しかし木を切っている人、

すごい体力やなーと思います。

私も草刈り機とか扱うようになって

初めて知ったのですけど

エンジン付きで振動するような重量物を

同じ姿勢で保持するのって

本当に疲れるんですよ。

腕とかパンパンになっちゃいます。



そういえば私も、大阪に住んでいた時までは

草刈り機のような

エンジン付きの農機具なんて

触った事も無かったですね。


地元に帰ってきてから

必要に駆られて

草刈り機とか使い始めましたから。


また都会では、

車とか踏切の音とか道路工事の音くらいしか

日常耳にするような大きな音は無くて、

農機具の音なんて耳にする事なんてありませんし

農機具の2サイクルエンジンの音を聞くと

「大分だねー」

なんてしみじみと思ってしまう訳です。



ランキング参加中です。
読み終わったら最後にクリック。
ご協力おねがいします!

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


ありがとうございます!