スポーツカー好き・スーパーカー好きの社労士ブログ

若かりし頃、フォーミュラカードライバーのオーディションを受けに行った事もあるほど車好き。大分県の日出町で開業している社会保険労務士が、主に車について独断と偏見と経験に基づいて、それからたまに業務について綴っています。

カローラの点検結果

大分県の日出町で社会保険労務士事務所を開業しております、森本と申します。

先日カローラの再点検をお願いし、

その点検結果がでました。

パワステオイルが

アンダーガード付近に付いているのは間違いないが、

パワステポンプやホースなど

先日交換した部品は、

全て乾いている状態。

部品の初期不良の可能性も考えたが

部品からの滲み跡は無いので、

そこではない。


との事でした。

とりあえず、エンジンの下部や

エンジンルーム内の大半など、

普段ではやらない所まで数時間かけて

洗浄してもらって、

どこでパワステオイルが滲んでいるかを

1週間後に再確認してもらう事になりました。

まぁ私も車の構造がある程度わかりますし

部品やその周辺がオイルで湿っていない以上、

作業に関してのミスは無い事は理解できますから

恐らくこれが、最善の確認方法だと思います。







修理を依頼する→出来上がって引き渡し

修理箇所に起因する不具合が生じて再入庫




こういった事が何度か続いたという話をすると

「優しすぎるよ。怒鳴っても良いよ」

なんて言われる事が結構あります。


でも私は基本的に怒鳴るような事はしません。

もちろん

腹が立った時などに出てくる言葉は、

頭の中に浮かびますよ。



だから、そんな言葉が口から出てきそうなタイミングでは

電話を掛けないし、出向かない。

ちょっと待つわけですね。

感情を落ち着かせてから行動するわけです。


大声で怒鳴らなくても、

怒りは伝える事ができるし

困っていることを伝える事ができる。

そう思っています。


それに感情のままに

大声で怒鳴ってしまっても、

取り消す事はできないのです。


怒鳴ればその場はすっきりするかもしれませんが

別の場面やその後の関係で

確実に影響が出てしまいます。



ですから、できる限り冷静に

要求を伝えるようにしています。

これってパワーハラスメント対策の

有効な方法のひとつでもあります。


ランキング参加中です。
読み終わったら最後にクリック。
ご協力おねがいします!

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


ありがとうございます!